小学生のまとめ
小学生のTwitterのまとめサイト

時事ネタ

正体不明の天体、初検出 米の重力波望遠鏡「LIGO」との情報

米国の重力波望遠鏡「LIGO(ライゴ)」のチームは24日までに、太陽の質量の2.6倍という正体不明の天体を初めて検出したと発表した。これまでに見つかっている中性子星は最大でも太陽の2.5倍、最小のブラックホールでも5倍。その間の質量の天体は例がなく、いわば「空白地帯」とされているとゆう

 

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

正体不明の天体、初検出 米の重力波望遠鏡「LIGO」(共同通信)

正体不明の天体 重力波で初検出…

米国の重力波望遠鏡「LIGO」のチームは、太陽の質量の2.6倍という正体不明の天体を初めて検出したと発表。8億光年先で、太陽の23倍のブラックホールと2.6倍の天体が合体した際に生じたと判明した。

ネットの声パート2

なんでそんなことが分かるの?(・_・;)
太陽の23倍のブラックホールと2.6倍の天体が合体した際に生じたと判明した。

正体不明の天体、初検出 米の重力波望遠鏡「LIGO」 | 2020/6/24 – 共同通信

『「LIGO(ライゴ)」のチームは24日までに、太陽の質量の2.6倍という正体不明の天体を初めて検出したと発表』
©一般社団法人共同通信社
【一次ソース:LIGO】(注:英語)

「米国の重力波望遠鏡「LIGO」チームは太陽の質量の2.6倍の正体不明の天体を初めて検出した。分析の結果、8億光年先の宇宙で、太陽の23倍のブラックホールと2.6倍の天体が合体した際に生じたと判明した」