小学生のまとめ
小学生のTwitterのまとめサイト

時事ネタ

【沖縄戦】沖縄「慰霊の日」非戦の誓いを世界に 玉城知事「コロナで分断の世界、違い認め協力を」

沖縄県は23日、沖縄戦から75年目の節目となる「慰霊の日」を迎え、最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園で県と県議会主催の「沖縄全戦没者追悼式」が開かれた。玉城デニー知事は「平和宣言」で「私たちは戦争を風化させないための道のりを真摯に探り、我が国が非核平和国家としての矜持(きょうじ)を持ち、世界の人々と手を取り合い、この島が平和交流の拠点となるべく国際平和の実現に貢献する役割を果たしていくために、全身全霊で取り組んでいく決意を宣言する」と述べた。昨年に続いて今年も一部をウチナーグチと英語で読み上げた。

 

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

今日は沖縄戦終結した日か

今日の沖縄県さんの平和宣言さん、ちらと見させていただきましたら、玉城デニー沖縄県知事さん『悲惨な戦争』ではなく『忌まわしい戦争』と言われてまして、これは沖縄戦さんを巡ります記憶の一種の変質なのかなと思いました、現代の沖縄人さんにとっては『忌まわしい戦争』だったのだなあ、と・・。

先の沖縄戦で亡くなられた多くの方々に哀悼の意を表します。

「平和が大事」それはそうです。

しかし、沖縄にまたもや中国という侵略の手が伸びつつある。

憲法9条…本当にこれでこの国を守れているのか?

ネットの声パート2

二度と、戦争の悲劇は日本の土地を襲わないように、日本はどの強敵にでも勝てる強い軍事力を持たなければなりません。そうすれば、誰であろうと、日本を攻撃しようと思いません。更に、沖縄戦の犠牲者への最大の敬意は、沖縄を永久に日本の領土として保全する事だと思います。

慰霊の日。初めての沖縄でのバスガイドさんの話が今でも忘れられない。他のコースでは底抜けに明るい人が、戦跡地になった時だけは、人が変わったように強く強く、沖縄で起きた地上戦の酷さを伝えてくれた。あれ以来、沖縄行った時は沖縄戦を無かった事にして楽しむ事だけは絶対にしないと決めている。

よく遊ぶ場所だった海の浜辺から、米軍がやって来て沖縄戦が始まった話は昔から聞いてて、この時期になると鮮やかな空と自然がどことなく悲しく見えたなあ。