小学生のまとめ
小学生のTwitterのまとめサイト

時事ネタ

無人コンビニが中国では不人気に終わった理由 運営会社は毎月8000万円の赤字を垂れ流しだとゆう

日本では2017年ごろから注目を集める「無人コンビニ」。近年アジアの中でIT大国として台頭してきた中国ではなぜ支持されなかったのか? ライターの西谷格氏が「中国IT社会の現状」を明かした新書『ルポ デジタルチャイナ体験記』(取材時期:2019年7月)から一部抜粋・再構成してお届けするとゆう

 

 

Twitterの声パート1

Twitterの声パート2

Twitterの声パート3

ネットの声パート1

無人コンビニが中国では不人気に終わった理由 運営会社は毎月8000万円の赤字を垂れ流しだとゆう

なるほどなあ・・・・・・。
とはいえ、時代の流れだし、時間の問題のような気がするけど。
┐(^-^;)┌

無人コンビニが中国では不人気に終わった理由 運営会社は毎月8000万円の赤字を垂れ流し | 中国・台湾 – 東洋経済オンライン

無人コンビニは、今のコンビニに比べてコンビニエンス(便利)じゃなかったからか。なるほど。

無人コンビニが中国では不人気に終わった理由 運営会社は毎月8000万円の赤字を垂れ流し

ネットの声パート2

無人コンビニが中国では不人気に終わった理由 運営会社は毎月8000万円の赤字を垂れ流し 有人無人関係なく、コンビニは「パチンコ店」よりも密になりがちな店舗構造である

無人コンビニが中国では不人気に終わった理由 運営会社は毎月8000万円の赤字を垂れ流し

無人コンビニが中国では不人気に終わった理由 運営会社は毎月8000万円の赤字を垂れ流し | 中国・台湾 – 東洋経済オンライン

感想

無人コンビニって悲しいなぁ