小学生のまとめ
小学生のTwitterのまとめサイト

時事ネタ

がんの原因となり得る20の食べ物はこれら「順位せい」

研究によると、多くの現代人の食生活は様々ながんを引き起こす危険性を上昇させているいう。不健康な食事は出来るだけ避け、正しい食生活を心がけないとがんの危険にさらされてしまうことになる!
これは事実だ:私達が日常で口にする食べ物の中には、癌を引き起こす可能性があるものがあるんだよ。

 

 

第20位 赤身

ジューシーで焼き加減がぴったりのステーキを思い浮かべて、思わずよだれを垂らさずにはいられないだろう。そんなおいしいステーキだが、肉の赤身には隠れた秘密があるのだ。
世界保健機関によると、毎日肉の赤身を100g 食べる人はそうでない人に比べて、数年以内にがんの診断を受ける可能性が17%も高いそうだ。
癌のリスクを減らすためにも、1日あたりの加工肉や赤身を食べる量は減らすべきだ。代わりに魚やテンペ、豆腐などを食べるのがいいだろう。

第19位 アルコール

時々お酒を飲むのを楽しんだところで、がんになるという訳ではない。しかし、1日あたり1単位以上、つまり約60 ml以上のアルコールを摂取するという人は、飲酒をしない人に比べると、口腔癌や咽頭癌になる可能性が最大3倍、腸癌になる可能性は最大1.5倍にも増えるのだ。飲み過ぎには良く無いから気おつけよう。

第18位 加工肉

サラミやペペロニ、ベーコンやソーセージといった加工肉を日常的に食べているだろうか?あまり心配させすぎたくはないのだが、少しメニューを改善した方がいっかもしれない・・・。
世界保健機構によって行われた10個の研究の統計によると、1日あたり60g の加工肉を食べるだけで、腸癌のリスクが18%も増加するんだよ。

第17位 熱い飲み物

コーヒーやお茶、スープは好き?そうだとしたら、熱すぎないことを確認してから飲んでね。
世界保健機構のがん研究所によれば、150℃以上の飲み物を長期的に飲み続けると、食道がんのリスクが増加するんだとか。

第16位  グリル肉

様々な病気を避ける上で、肉にしっかり火を通すことは大切だと医者は言う。しかし、火を通しすぎるのも、がんのリスクを高めると言う点で同様に体に悪い。
肉を焼きすぎたり、バーベキューで黒焦げにしたりしてしまうと、多環芳香族炭化水素(PAHs)という発がん性物質を産み出してしまう。
蒸す、茹でる、焼くといった調理法の方がPAHsを産生する可能性をずっと抑えられるとゆう。

第15位  白パン

非常に残念ではあるが、白いパンはとても健康に悪い。白いパンを食べることで、その人気と同じように体内の血糖指数が上昇し、肺がんのリスクを49%も上げることになる。
そこで、パン食を控えるか、全粒粉のパンに切り替えることをおすすめするよ。

第14位 トマト缶

安くて便利なトマト缶は、確かに重宝される食材だ。しかし、2008年の研究で特定の缶商品、特にトマトソースやトマトジュースにはビスフェノールAというCDやペットボトルといったプラスチック製品を作るときに使われる化学製品が含まれることが分かった。
ビスフェノールAは、乳がんを引き起こすだけでなく、多動性や注意力の散漫、不安定なホルモンバランス、肥満などの原因にもなりうるんだよ。

第13位 牛乳

牛乳は骨に良いとされるカルシウムが豊富なことで知られている。しかし、2004年の研究で、牛乳を多く飲む男性は前立腺がんになる確率が68%も増加することが分かった。牛乳に含まれる動物性脂肪が前立腺がんの原因である可能性がある。
しかし、牛乳を絶対に飲んではいけないという訳ではない!1日にコップ2杯以上飲まないように気を付けてさえいれば大丈夫なんだと。

第12位 遺伝子組み換え食品

様々な動物実験の結果から、遺伝子組み換え食品と腫瘍の発達には関連性があることが明らかとなった。最終的な指標を得るためにはさらなる研究が必要なことは言うまでもないが、今のところは健康のためにも遺伝子組み換え食品を避けるのが賢明だろうか。

第11位 ポップコーン

電子レンジで作るポップコーンが高カロリーなのは一目瞭然だが、時々自分を甘やかすくらいはいいだろう。おいしいくて簡単なんて最高だ!
おそらくこの事実は我々の習慣を見直すきっかけになるだろう:ポップコーンのバター風味を人工的に作り出すために、精巣や肝臓、膵臓のがんのリスクを増加する原因となることが知られる化学製品を使っている食品会社もあるのだ。
次からポップコーンが食べたくなった時は、ポップコーン用のトウモロコシから作ろう。そうすれば全く発がん性ではない最高のおやつになるよーー。

第10位 フライドポテト

これを聞いても驚かないだろうが、フライドポテトは非常に健康に悪い:トランス脂肪酸や塩分のかたまりだし、アクリルアミドも含まれている。2002年のスウェーデンの研究で、同じ物質がタバコの煙から見つかったというのは興味深い話だろう。
フライドポテトのお皿を見ても前よりは美味しそうに見えなくなるかなぁ…。

第9位 精白粉

小麦を精白するために、塩素や二酸化塩素が使われている。これらの化学物質を吸い込むだけでも害があるというのに、これを口にしたらどうなるのだろうか。
さらに、精白粉の血糖指数は高く、糖尿病や癌のリスクと高めるとされる血糖値の上昇を引き起こす。
これが全粒粉の方がずっと体にいいもう一つの理由だとゆう。

第8位  炭酸飲料

炭酸飲料を飲むと太るということは周知の事実だが、がんの原因にもなり得ると言うことは知っていただろうか?
2012年にアメリカの栄養学誌に載ったスウェーデンの研究によると、1日に炭酸飲料を1本飲む男性は、前立腺癌の診断を受ける確率が40%も高かった。このリスクは45歳以上の男性において最大になるんだとか。

第7位 パスタ

パスタはどの家庭にとっても、週の半ばの最高の夕食だ。しかしパスタの食べ過ぎは、人生で一度も喫煙したことが無くても肺がんのリスクを高めてしまう!
テキサスの研究者によると、肺がんと炭水化物には関連性がある。炭水化物が含まれる量が多いほど、がんのリスクも高まる。そして知っているだろうか?パスタには非常に多くの炭水化物が含まれているんだぁ!

第6位 養殖サーモン

サーモンにはオメガ3が多く含まれているといっても、がんのリスクを上げたくなければその産地をしっかり確認するのは重要だ。
このことは少なくとも2004年に行われた研究で明らかになっている。サーモンの有機物汚染のレベルは、野生のサーモンに比べると養殖されたものにおいて非常に高い。養殖サーモンを毎月1回食べることを長期的に続けると、野生のサーモンだけを食べた時に比べて、よりがんのリスクにさらされることになるだよ。

第5位 精白糖

健康で長生きするためにも精白糖は避けるべきだ。精白糖はがんの大好物なのだ。一体なぜか?それは、精白糖はがん細胞の増殖を助けるからだ。精白糖を含む全ての食材の中で、コーンシロップが特に体に悪いんだとか。

第4位  植物油

多くの食品が植物油を含んでいる。植物油は心血管系の合併症のリスクを増加させるとともに、乳がんのリスクも上げるということが2008年に行われた研究で分かっている。
植物油はスーパーで売られている多くの出来合いの食事に多量に含まれている。がんのリスクを減らすためには、毎週スーパーで出来合いの食事を買う頻度を減らし、家で調理をするときにはオリーブオイルなどの別の油を使うべきだぁ。

第3位 ポテトチップ

残念ながら、電子レンジで作るポップコーンをやめて代わりにポテトチップを食べたところで、がんの危険から逃れることはできない。
ヨーロッパの食品安全機関によると、ポテトチップが高温で調理される際に、アクリルアミドという発がん性物質がポテトチップに付着している可能性があるという。
正確に言うと、ポテトチップに含まれるアクリルアミドの量は、世界保健機構が認めた飲料水に含まれる最大量の500倍以上にもなるんだと。

第2位 ピーナッツ

ピーナッツにはビタミンやミネラルが豊富に含まれている。だが、ピーナッツは時には発がん性の食品になり得る。
製造過程で雑に扱われたり、保存状態が悪かったりしたピーナッツはアフラトキシンというカビや菌によって作られる肺がんの危険性を高める物質のかたまりだ。
アフリカやアジアの特定の国では、ピーナッツにアフラトキシンが生成される危険性がある。もしこれらの地域に旅行するときや住むときには、ピーナッツを控えたほうがいいね。

第1位  塩漬けの魚

この中で一番意外なのがこれ!カナダのがん団体によると、鼻咽頭がんの発症率が最も高いのは、塩漬けの魚の消費量が最大の地域だという。
つまり、塩漬けの魚を定期的に食べることで、鼻咽頭がんで苦しむリスクが上昇するということだ。塩漬けの魚はもちろん、他の塩分が高い食品も控えようね。
感想
驚いたまさかの結果になったね。